2007/06/07

3日目(1) グランドティトン国立公園

だんだん1日の内容が濃くなるにつれて、朝やったことを忘れつつありますね。いいことでもあり悪いことでもあり。

さて、今日の朝は昨日よりさらにちょっと早くて5時半過ぎに宿を出ました。目的は昨日果たせなかったオクスボーベンド(Oxbow Bend)で動物を見ること。スタート直後、ちょっとガソリンで手間がかかりましたが(ホントにDinersカード、磁気が読み取りにくくなってるようだ・・・)、それでも6時ちょっとすぎくらいにはグランドティトンに到着。ジャクソンホールハイウェイ(Jacson Hole Highway)を行くか、ティトンパークロード(Teton Park Road)を行くかで迷いましたが、ジャクソンホールハイウェイの方はバッファローしかいなさそうな感じがしたのでティトンパークロードを選択。

これが功を奏したか、途中、かなりの近くでエルクに遭遇。こっちの方が森とか近いのでエルクが多いんでしょうかね。昨日もジェニーレイク(Jenny Lake)の近くで見ましたし。でも、この時期のエルク、どうも角が生え換わる時期のようで、やっぱり角ナシでした。全部メスってことはないと思うんですけどね。

P6060011P6060014

さて、幸先のいいスタートを切りましたが、本命はオクスボーベンド。ジャクソンレイクジャンクションを右折してオクスボーベンドへ向かいます。っと、昨日ムースがいたところのちょっと先、オクスボーベンドの手前でちらっとムースらしき姿が。。しかし遅い。。ブレーキ踏めなくて通り過ぎてしまいました。

オクスボーベンドに到着するとなーんにもいない。というか人すらいない。人すらいないということはだめなんだろうなと思いつつ車を降りました。やっぱり鳥しかいない。とがっかりしてると、はるか向こうの平原にどうやらエルク(だと思う。。)の大きな群れが。ホント豆粒くらいにしか見えませんが。ここで持ってきた甲斐のあったビデオカメラ用のテレコン。残念ながらE-410のズームは150mm(30mm換算で300mm)までしかないのでほとんど見えない。そこで登場するのがビデオカメラ。480mm×2で960mm相当の超望遠が使えるのでこれならなんとなく姿が認識できる。ぶれるので一脚も付けてみてみると、やっぱりエルク(のよう)だ。残念ながら写真はとってないのでブログには載せられないけど、そこそこ大きく見ることができました。

さて、とはいえ、豆粒みたいなのだとイマイチ感慨深くない。で、元の道を戻るときに先ほどのムースがいたようなところに行ってみることに。すると、今度は先客あり。おばさんが、「ムースだよ。お尻だけどね。」と言って指差す先にはまさにムースがお食事中。やはりデジカメだと頼りない距離だったのでビデオを取り出し食事&歩く姿をゲット。位置的にも近いのでもしかすると機能のムースかも。でも朝なのでアクティブなのかどんどん藪の中を移動してついには見えなくなってしまいました。

エルク&ムースを見ることができて満足したので、今度はジャクソン湖(Jackson Lake)を横目に眺めながらイエローストーンへと向かいました。

P6060015



0 件のコメント:

コメントを投稿