2008/01/23

脱力四十肩

最近3月の製品リリースに向けてかなり忙しいのだが、とりあえず小さな山を一つ越えたので誕生日休暇をいただいた。

雪の降る中、朝から息子の学校で読み聞かせ。宮澤賢治の「注文の多い料理店」という本を読んだ。宮澤賢治を読み聞かせで読むなんて何やら洒落くさってて自分的にはいやなんだけど、本屋でなんとなくいいページ数でいい感じの絵本があったのでセレクション。正直、だんだん飽きてきていて、情熱が無くなってきた。。でも息子の手前やめられない。。。来年どうしよう。^^;
まぁ、そんなことはいいとして、宮澤賢治。「知ってる?」って聞くと、「カートゥーンネットワークで見たー」とのお答え。いまどきのお子様ですね。。。。大和市は厚木基地のおかげでケーブルテレビが普及してますが、僕らの小さい頃からは想像できないですね。調べてみたら「銀河鉄道の夜」の映画をお正月にやってたみたいです。

読み聞かせも終わって特にすることもないので、去年の11月ごろから違和感を感じていた肩を見てもらいに整形外科へ。結果は四十肩。まだ37になったばかりなのに。。脱力。。
まぁ、最近は30代でもなる人が多いと聞いたこともあったけど、さすがに自分がなると何気にショック。まぁ、幸いそんなにひどくないのでいいんだけど、半年くらいかかるって言われたのはやっぱりショックだなぁ。
なんでも、四十肩ってのは肩の炎症がもとで起きるらしく、いくつかのタイプがあるとのこと。私の場合、腕の骨の上の腱のところに石灰がたまって、圧力がそこにかかって痛みが発生するらしい。通常なら結構たくさんたまってるらしく、注射で吸い取ってしまうらしいのだが、小さいのでほっとけばいいとのこと。嗚呼。



0 件のコメント:

コメントを投稿