2008/12/11

理系の人々&九州男児の解説書

今年の隠れベストセラーは血液型別の説明本らしい。4冊合わせるとハリーポッターを抜くそうだ。一人っ子やら長男やら性格判断本が繁盛している中、な~んだか乗り切れない自分がいた。いや、好きなんですけどね、そういうミーハーなの。

で、なんだかそういうの読まずにずるずる来てたけど、なんだかピンポイントで気になって最近読んだのがこの二つ。

「理系の人々」の方は1か月前くらいかなぁ。「うっとおしいけど憎めない」ってのが気に入って買いました。まぁ、花火を成分で考えたりはしないけど、半分くらいは当たってるかもなぁ。仕方ないか、理系だし。笑

「九州男児の解説書」の方はもっと当たってるかも。ウソが大嫌いとか、人の話聞いてないとか、熱しやすく冷めやすいとか。意外に小心者ってのも当たってる。笑

どっちも、周りに理系 or 九州男児がいるなら読んでみるといいですよ。驚くほど当たってるんじゃないかな。同期の九州男児とか、私よりもっと当たってるし。。笑



0 件のコメント:

コメントを投稿