2015/12/19

Yo La Tengo @ 渋谷O-EAST

世間はスター・ウォーズで盛り上がってますが、私は1年半振りのYo La Tengoに行ってきました。Yo La Tengoの最近の来日はいつも場所が変わりますね。前回は六本木のEXシアターとリキッドで、その前は六本木のラフォーレミュージアム。そして今回は前日の追加公演が渋谷WWWで今日がO-EAST。O-EASTは実は初めて。O-nestは言ったことあるんですけどね。

チケット買ってたものの、新作もあまり聴いてなかったし、そんなに情報も入れてなかったんですけど、前日くらいからTwitterとか見ながら、アコースティックの2セットということを知りました。最近のYo La Tengoは前回のLoud & Quietとか、だんだんセットリストが長くなってきてますね。Weenみたい。w あと、今回の目玉はデイブ・シュラムという初期メンバーがツアーに参加してること。新作にも参加してたみたいだし、そこが今までとちょっと違うところですね。いつもいろいろ趣向が違うので楽しみです。



さて、ソールドアウトということもあって、さすが混んでますね。外国人も多いなぁという印象。ステージ上には新作のジャケットアートも含む多くの絵が飾ってありました。

アコースティックセットということもあって、アイラはアコギ、ジョージアもスタンディングスタイルでミニマムなドラムセット。ジェームスはウッドベースですね。そして、デイブだけはエレキギターで参加。この構成が実に心地よい。今回はラウドなキホ的にはノイズセットは封印されていたので、そこが若干残念だったけど、それでも優しいボーカルと繊細なメロディがすごく調和が取れてて、だからこそ、その中でデイブのエレキの音の良さも際立ってくる感じがしました。かといって、終始スタンダードなアコースティックな雰囲気というわけでもなく、サイケデリックさも滲み出ていて、「静かなる狂気」的なところがあるのもさすがYo La Tengo。

セットは1部と2部が約1時間ずつくらい、その後3曲、1曲の2度のアンコールがありました。その後グッズ買った人にはサイン会。最近この手のサイン会が多いのかな?なんとなく。ニコニコしてるメンバーを見ていると、以前ボストンのMiddle Eastで群衆の上から物販やってる長机のところに登場してきたアイラを思い出しました。この人はいつもファンと接していたいんだなぁと。

セットリストはいくつかわかんないところがあったんで、知ってる人教えて下さい。

Set.1

  1. Here Comes My Baby 
  2. Automatic Doom
  3. Rickety
  4. My Heart's Not In It
  5. ?
  6. I Can Feel The Ice Melting
  7. ?
  8. The Ballad Of Red Buckets
  9. Friday I'm In Love
  10. Corona
  11. Autumn Sweater

Set.2
  1. Somebody's In Love
  2. Awhileaway
  3. All Your Secrets
  4. Butchie's Tune
  5. Bottled Up
  6. Today Is The Day
  7. Pass The Hatchet, I Think I'm Goodkind
  8. Can't Forget
  9. Tom Courtenay
  10. Griselda
  11. Ohm
  12. Our Way To Fall
Encore.1
  1. The Story Of Yo La Tengo
  2. You Tore Me Down
  3. Take Care
Encore.2
  1. I'm Your Puppet

2015/11/14

ミケランジェロ・プロジェクト を見た - オッサン頑張るね

ミケランジェロ・プロジェクト [Blu-ray]

第2次世界大戦中にナチス・ドイツがミケランジェロをはじめとする美術品を強奪していたのを奪還すべく集められたオッサン達の話。ジョージ・クルーニーが監督だそうです。

ジョージ・クルーニーを始め、マット・デイモン、ビル・マーレイ、ジョン・グッドマン、ケイト・ブランシェットなど錚々たるメンツのわりに地味と評判の本作品。確かに戦争映画だけどアクションシーンはそんなにないし、コメディっぽいけどそんなにコメディっぽくもない。がっかりした方も多いようですが、オッサン達が一致団結して美術品を奪還しようとする様は見てて楽しかったです。

中でも、あんまり話題になってないですが、ボブ・バラバンが演じてたオッサンがいい味出してましたね。なんだか素っ頓狂な感じなんだけど、結構いい仕事してたりして。

しかし、あんまり邦題について言いたくはないんだけど、この映画も原題は「The Monument Men」。邦題は「ミケランジェロ・プロジェクト」。なんだか安っぽくなってるなぁと思いました。「モニュメントメン」の方がカッコいいじゃんと思うんですけどねぇ。話の内容はミケランジェロだけじゃないし。う〜ん。。。

まぁ、あんまりドンパチとか激しいアクションとか盛り上がりを期待している人には薦めません。w

そういえば、マット・デイモンがフランス語を話してる時にどこで習ったんだ?って言われてモントリオールって言ったら、「カナダのフランス語か、の〜うぇ〜い」ッて感じで笑われてたんだけど、カナダのフランス語って笑うとこなんですね。知らなかった。

2015/11/13

マイインターン を見た - ほっこりほっこり

The Intern / マイ・インターン (Blu-ray + DVD + ULTRAVIOLET) [ 北米版]

最近ずいぶんさぼってましたね。映画も一時期は見てなかったんですけど、最近また少しずつ見始めたのでとりあえず棚卸し。一番最近見たのはこの「マイインターン」です。

ネットショッピングサイトのCEOであるアン・ハサウェイのところにシルバー人材としてインターンでやってきたロバート・デ・ニーロのお話。

いろいろネットでもレビュー見ましたけど、悪い人が出てこないってのはホントそうだなぁと思いました。ひさしぶりにほっこりした映画を見ましたね。結構好評みたいですけど、わかります。

アン・ハサウェイってあまり意識したことなかったんですけどキレイですねぇ。この映画見て好きになりました。ロバート・デ・ニーロはカワイイ爺さん。マバタキとハンカチがポイントですね。

あと、わりとポイントとなるサブとして、「New Normal」のブライアン役のアンドリュー・ラネルズと「モダン・ファミリー」のジョーのベビーシッター役のアダム・ディバインがいい感じですね。

2015/05/18

ノア 約束の舟 を見た

ノア 約束の舟 [Blu-ray]

公開時にもちょっと気になってたんだけど結局見ることができなかったので最近WOWOWで見た。ラッセル・クロウやエマ・ワトソンが出てます。

お話は有名ですね。あのノアの方舟の話です。聖書の知識とか少し知ってると面白いと思いますけど、どうなんでしょうね。私は何年か前にちょっと興味があったので聖書の解説書をちょっとだけ読んだことがありました。あまり覚えてはなかったけど、ストーリーの解釈に少しは役に立ったような気がします。まぁそんなに難しい話ではないですけどね。

一番の見所は泥の巨人がバッタバッタと人間をけちらしていくところ。すげーなと。見てて清々しい。

インターンシップ を見た

インターンシップ [Blu-ray]

これ、Google Playクーポンでなにか面白いのないかなぁと探してた時に見つけてたやつ。オーウェン・ウィルソンがGoogleにインターンで入るって話と聞いて、そりゃ見なきゃねって。こんなのやってたの知らなかった。ちなみにGoogle Playでよくやるんだけど、何も考えずに吹き替え版を買っちゃった。まぁ、コメディなんでいいんだけどね。

ストーリーは、セールスマンをやってたヴィンス・ヴォーンとオーウェン・ウィルソンが職を失って、Googleにインターンで入って奮闘するという話。もちろん彼らはITのことなんて何にもわかんないんでいろいろおもしろいことが起きますよーと。

ロケは実際のGoogleのキャンパスで行われてて、見ててすごく楽しい。Googleのプロモーションにもなってそうだけど、お金は払ってないとか?

あと、結構いろんな人がちょい役で出てる。ウィル・ファレルもそうだし、モダン・ファミリーでフィルのライバルセールスマンやってるロブ・リッグルとか、スティーブ・ジョブズでウォズ役だったジョシュ・ギャッドとか。ビッグバン★セオリーにも出てたジョッシュ・ブレナーなんかも出てるしね。

IT系とかGoogleが好きな人は楽しんで見れるお話ではないかな。

2015/05/09

アンダー・ザ・スキン 種の補食 を見た

アンダー・ザ・スキン 種の捕食 [Blu-ray]

GWのGoogle Playクーポンで持ってるGoogleアカウント分の映画をとりあえず買って見てるわけなんですけどね。今日はこれ。

スカーレット・ヨハンソンが出てるんで見てみたんだけど、ずいぶん不思議な映画です。スカーレット・ヨハンソンが演じる宇宙人?だかなんだかがつぎつぎに男を補食?していくんですけどね。極端に台詞が少ないし、結局何が言いたいんだかよくわかんなかったです。。。。。^^;

ただ、舞台はスコットランドみたいなんですけど、その風景はいいですね。行ってみたいなぁ。

あと、スカーレット・ヨハンソンが思いっきり脱いでくれてますけど、彼女ってあんまりスタイル良くないですね。でも、無表情なスカーレット・ヨハンソン見てると神秘的でいいなぁ。

そんなとこかな、思ったところは。w

2015/05/06

Facebookで大逆転を見た

Facebookで大逆転 [DVD]

この笑顔ですよ。w これも単館で見ることができなかったやつです。連休の締めに。

原題は「Friended to death」。主人公は、まぁ、最初からずっとバカないや〜なやつですね。Facebookでやたら投稿して、フレンドの数を自慢してるけど周りに嫌われてる奴。そんな彼がホントの友達を確かめるべく死んだふりするわけです。Facebook上で。

Facebookの他にもTwitterやFour Squareなんかも出てきます。ソーシャルメディアバンザイ。w

ストーリーは、たぶん予想がつくとおりです。なんだけど、こういうバカバカしい映画ってたまに見たくなりますね。短いし、暇つぶしにはおすすめ。

ちなみにストーカー女で出てくる人は監督さんみたいですね。