2014/08/24

イントゥザストームを見た

嫁と娘は旅行、息子は朝から模試に出かけたので、ひさびさに映画を見に。とはいえ、今はまだ夏休みなのでいい映画やってないんですねぇ。で、ちょっとおもしろそうだったこれを見てきました。

元々パニックムービーはわりと好きなんで、かなりおもしろかったです。

トルネードハンターと呼ばれる、竜巻を映像に納めることに命を懸ける人たちと、竜巻の起こった町の人たちの話。トルネードハンターのカメラだけでなく、いくつかの人たちがカメラを持って映像を取っているシチュエーションが無理なく織り込まれ、いい感じでドキュメントタッチになっているところがいいですね。中でもお馬鹿YouTuberがいい。最後まで予想通りの展開なんですけどね。見逃せないですよ。

あとトルネードハンターのタイタスという装甲車のような車がすごい。必見です!w

2014/08/18

Summer Sonic 2014に行ってきたよ


今年もサマソニ行ってきましたよー。15周年ですね。私自身も14回目の参加です!
去年プラチナで快適すぎたのでもちろん今年もプラチナです。もうお金で快適が買えるのだったら買いますよ。ジジイですから。w
朝5時に起き、6時に自宅を出発。7時半位には駐車場に到着ししばらく仮眠したあと8時半頃にゆるりとリストバンド交換に。プラチナはメッセのメインゲートでしか交換してくれないので駐車場からはちょっと面倒ですね。駐車場側のゲートで交換してくれれば楽なのになぁ。
そのまま入場待ちの行列には並ばずにスタジアムへ。娘がリラックマ好きなのでタワレコとリラックマのコラボタオルを買いに行ったのですね。今回、スタジアム側に行く予定は微妙だし、いつもリラックマコラボは売り切れ早いですからね。

9時オープンと同時にタオルをゲットして今度はグッズ売り場に。こちらもプラチナは行列スルーです。2年前まで1時間以上待っていたのが懐かしい。w
こちらでは娘に頼まれていたTシャツと息子用のサマソニタオル、そして自分用のTシャツなどをゲットしてメッセに戻ります。今年は結局スタジアムに来たのはこれっきりでしたね。

荷物を車においてもう一度メッセのプラチナラウンジへ。ここで最初のTOKIOまで待機です。今年は結局こんな感じのタイムテーブルになりました。

12:05からのTOKIOの前に腹ごしらえと思ってちょっと早めにラウンジを出てレインボーの横で飯を食っていたら、レインボーに吸い込まれるようにすごい勢いで人が流れていくので、まだまだ早いと思ってたけどレインボーへ。すでに一般エリアは入場規制が掛かりそうな勢い。プラチナエリアも結構な人。早めに来てよかったですね。

TOKIOはよかったですね。宙船からAmbitious Japanと入り、最後はLOVE YOU ONLYでシメ。メンバーもすごく楽しそうで、見ててホントに幸せな気分になりました。さすが国民的バンドです。w
あとからWOWOWでも中継みましたけど、ホントに楽しそうだった。たぶん、不安だったんじゃないですかね。やっぱりアイドルバンドがロックフェスに出るというのは。でもみんなあたたかくて盛り上がっててほんとに良いライブだったなぁと思いましたよ。
ちなみにチワワ二匹分下がってという伝説ができたようですが、これはTOKIOじゃなくてMCの方が言ってた話ですね。w

TOKIOのあとは一度ラウンジに戻って一休み。そしてSky Fereirraです。最近話題なのでちょっと見てみたかった人です。感想はね、どうでしょう。嫁は相川七瀬みたいだって言っました。見た目が。そんなにグッと来るところもなかったので、早めにBABY METALに移動です。




BABY METALはこれは、予想に反してすごく良かったですね。ちょっと物見遊山的に見に行ったんですけどね。メタルとアイドルの絶妙なミクスチャーですね。メタルすぎずアイドルすぎず。3人はすごく一生懸命な感じで。まぁ、脇の二人は息子と同い年なんですけどね。w あんなに笑顔なメタルって始めてみました。w 途中途中に挟まれる映像もいいですね。飽きさせない演出はとてもよかったです。ロンドン公演、ニューヨーク公演、頑張って欲しいですね。

次もそのままソニックに移動してWhite Lies。ちょっとColdplayっぽいかなと思ったんですけど、どちらかというとニューウェーブとかそんなのかな。BABY METALでちょっとつかれたので3曲ほど聴いた後にラウンジへ退却。
休憩後、今度はJAMAICA。これはよかった。JAMAICAなのにフランスなんですね。フランスバンドといえばTahiti 80やPhoenix。ちょっとゴリッとしたTahiti 80かなぁという印象がしました。なんだかフランスバンドってわりと似てるような感じがします。ボーカル君は遠目に見るとサーストン・ムーアにもちょっと似てるかなって思いました。
そしてまたもや休憩の後に個人的に今回一番見たかったTwenty One Pilot。このバンドは良かったですねぇ。覆面かぶったり脱いだりかぶったり、突如後ろのカメラのところに登っていたり、ピアノから飛び降りたり。すごくアクティブ。落ち着きが無い。でも歌もうまいし、ピアノもうまいし。なんだか才能がどうしようもなく溢れ出てる感じで、こういう人って大好きです。
最後の方のドラム2つ置いてのシンクロしたりスティックが光ってたり、ドラムの上に水を入れて叩いたりというのはきっとブルーマンに影響されたに違いないと確信しております。w


さてお次はCIBO MATTO。久しぶりですねぇ。何年ぶりでしょ。ボストンに住んでたときなんで15年以上前ですね。アクモンと迷ったんですけどね。もうスタジアムに行く元気ないのでCIBO MATTOとPhoenix見ることにしたんです。

しかしCIBO MATTO、どうなんでしょうね。Sugar WaterとBBQ、Birthday Cakeやってくれたのはいいんですけどね。別に声が出なくなってるとか、そういうのは感じないし、現役感はあったんですけどね。なんだか古いんですよねぇ。昔こういうの流行ったよね、好きだったよねという感覚しか湧いてこなかった。なんだか残念感満載でした。ちょっとさみしい。


そしてPhoenix。正直曲知らないし疲れてたのでプラチナエリアの後ろで座ったまま聴いてました。だけどやっぱりよかったですよ。なんだか。ちゃんと聴いてみないとダメだなと思いました。
Phoenixのあとはミッドナイトソニックにそのまま流れ込み。At The Drive-Innのセドリック&オマーの新バンド、ANTEMASQUEです。いやぁ、セドリック&オマーはAt The Drive-Innのキレキレ感が戻ってきていて、すごく良かったです。後半はちょっとプログレっぽいところが出てきて眠気に勝てなくなりつつあったんですけど、それでもAt The Drive-Innが好きでMars Voltaが少し苦手な私にはとてもよかったです。

そんなこんなでいつもよりもさらにソニックステージ三昧なサマソニでした。アーティスト発表時には微妙な感じが漂っていた今年のサマソニですが、終わってみるとすごく良いバンドが多くて、自分が知らないだけだなぁと強く感じました。やっぱり旬なバンドをたくさん呼んでくれているので、食わず嫌いせずいろいろ聴いてみないとダメですね。
来年ももちろんプラチナで参戦するのでよろしくお願いしますです。

最後に今年の戦利品です。


2014/08/10

シンガポール旅行 - 到着&SIMカードゲット

シンガポールに到着しました。

シンガポールの入国はアメリカなんかより全然楽ですね。ただ、今回家族連れで入るのは初めてなので子供はどうしたもんかなと思ってたんです。アメリカだと家族は一括でやってくれるんで、「いい?」って聞いたんですが「一人ずつ」とつれないお答え。仕方なく子供も一人ずつ。まぁ、下の子も小6だし特に何を聞かれるでもないので無事入国。税関も完全自己申告制なので何もなく無事通関。

今回はもう子供も大きいので一部屋に泊まることができないため二人ずつ二部屋。なので、WiFiも2つ必要なんですね。とりあえず日本からWiFiレンタルを1セットしたもののやはり不便なので今回はシンガポールだしSIMカードを1つ調達することにしてました。

事前に調べてたとおり、入国、税関を抜けた後にすぐにSIMカード売り場が見つかったので早速列に並びました。が、一向に列が進まない。どうもまっさきに目が入ったので並んだところはWiFiとかのレンタルやチケットの手配もやっているところらしく、なんとも進みが遅いのです。よくよく見ると隣の両替所でも売っているようで列もなくなっていたのでそちらで購入。パスポート渡してものの数分でした。ちなみに、クレジットカードは使えず現金のみ。両替所なので仕方ないのかな。

SIMカードはSingtelの$28のやつを買いました。買ったらこれも事前に調べていたとおり、*363に電話をかけるとあとはSMSでのやりとり。窓口でもらった紙に書いてあるとおりに7日間14GB25ドルプランを購入。これで安心。

結局なんだかんだでタクシー拾ってホテルに着いたのは1時半位だったかな。寝たの3時。現在7時。眠い。。。けどこれから活動始めます。子供起こさないと。^^;

2014/08/09

シンガポール旅行 - 出発



久々の海外です。今年はシンガポールに行ってきます。シンガポールは去年出張で行きましたが、結構快適だったので今回は家族で。しかもこんなお盆のピーク期間中に海外旅行なんて初めてなんでちょっと心配ですね。いろいろ混んでないかな。

そういえば、まさしく今日はシンガポールの独立記念日らしいですけど、計画した時はそんなことは知らず、記念日明けの深夜に着くので宴の後な感じでちょっと残念。むむむ。

今回は値段の関係で、行きは成田で、帰りは羽田になります。本当は両方羽田がよかったんですけどね。4人分だと成田エクスプレス代を考えても結構な値段の違いだったので仕方なく。

で、今は成田のフリーWiFi使ってブログ書いてるわけです。

そういえば今回は出国手続きの自動化ゲート利用申請をしました。パスポート変えたばかりだし、ずっと登録したかったんですが、いつも深夜便だったのでなかなか機会もなくようやくです。

http://www.narita-airport.jp/jp/news/gate/index.html

手続きは簡単でした。1枚簡単な書類を書いて、両手の人差し指の指紋を登録して終わり。並んでなければすぐですね。うちは家族4人登録しましたけど、20分かからないくらいでしたかね。ただ、うちの嫁はもともと乾燥肌なのか指紋が認識しづらくてちょっと手間取ってました。最終的に中指で登録したみたい。自動化ゲートで出国するとスタンプを押してもらえないんで、スタンプがほしい人は、出国後にすぐ横にある窓口で言うともらえるそうですよ。



というわけでいってきまーす。

2014/08/02

ジゴロ・イン・ニューヨークを見た

ジゴロ・イン・ニューヨーク

なんだか面白そうなんでずーっと見たかったんですけど、ここんとこ忙しくてなかなか見れず、公開終了間際でようやく見ることができました。

モダン・ファミリーのグロリアさん役のソフィア・ベルガラが出てるので見たかったんですけどね。まんまですね。マニーの母ちゃんそのまま。w まぁ、そこはともかく、なんだかユダヤ人ミーツフランス映画インニューヨークというかそんな感じでしたね。フランス映画ってほとんど見たことないしよくわかんないんですけどね。勝手なイメージ。

ヴァネッサ・パラディはかわいいですね。すきっ歯が。もう41なんですね。

ウッディ・アレンって正直良く知らないんですけどね。好きになりましたね。なんだか飄々として守銭奴な感じが良かったです。

シャロン・ストーンは老けましたねぇ。

あと主役で監督のジョン・タトゥーロ。こちらもよく知らないんですけど、いいかんじでしたよ。何がいい感じだったってのは聞かないでください。w

ユダヤとかその辺の文化のことをよく知らないとわけ分かんないかもしれないですね。ま、私もそんなに知らないねすけどね。

2014/07/15

射撃デビュー

そんなこんなで所持許可を得てなんと4日後に早速射撃デビューしてきました。

クレー射撃にはトラップとスキートというメジャーな競技が2つあります。私はトラップというやつで、地面の下から左右真ん中のどこに飛ぶかわからないクレーを撃ち落とすものです。弾は2発撃ってよくって、どちらかが当たればOK。これを1R25枚繰り返すんですね。これを基本的には4Rやって1試合。

今回はこの前射撃教習の時にも行った須山クレー射撃場。義父のホームなのでね。たぶん私もそうなるでしょう。富士山の麓でいい感じの場所ですね。



正直、射撃教習しかやったことなくて、周りの足引っ張るんじゃないかとか、どうなるかと思ってましたが、義父がいろいろ教えてくれたので、なんとか1R目は教習と同じく8枚割ることができました。まぁ、教習の時はまっすぐだけだったので、それを考えると上出来かな。

2R、3R目は慣れてきたこともあって、15枚ずつ。特に2R目は途中まで17〜18いけそうな勢いがあったんですけどね。だけど調子に乗って後半だいぶ落ちちゃいました。

4R目は緊張が切れて11枚。結局トータル49ですね。まぁ初回にしては上出来かなと思いました。優勝した人は満射(25発すべて命中)を3回出して98点。すごいですね。私はその半分。私も将来それくらい出せるようになりたいですね。

しかし、初めてで心の準備もできてないまま乗り込んだわりに、4R撃ったあとはすごく面白くなってて、始めてよかったなぁと実感しました。

次回の大会は8月の終わりなので、それまで一度くらい練習に行くかな。

2014/07/14

所持許可がおりた!

もう10日前になりますが、7月4日、アメリカ独立記念日の日にとうとう所持許可がおりました!

所持許可がおりたことは警察から家に電話で伝えてもらえました。家内が出たんですけど、所持許可を受け取るのと同時に義父も一緒に譲り受ける猟銃を持ってくれば1回で済むとのこと。仕事の都合を考えて、約1週間後、7月10日に休暇をもらい、もろもろの手続きをすることに。

当日は義父が朝イチで猟銃を持ってきてくれました。簡単に組み立て方とか教えてくれてそのまま警察へ。警察では書類を確認した後、猟銃の長さなどを点検して問題なし。受け取ったことを確認する受領書みたいなのを書いて以上終了です。この時点から、義父はこの銃に触れることはできず、私がようやく触れることができるようになるんですね。なので、車から降りて持って行く時は義父、帰りは私が持って帰らないといけません。当たり前ですが厳しいです。

さぁ、今年はゆっくり練習して、来年から射友会の大会なんかに参加しようかなぁと悠長に思ってたんですけど、義父が、火薬の譲受許可証は今日出せばいつおりるの?と聞いてます。なんとこの週末に大会があるそうで、すでに連れて行く気まんまん。まだ心の準備が。。。。と思ってましたが、幸い?予定もなく、許可も翌日には降りるとのことでいきなりの大会デビューとなってしまいました。

銃砲店で火薬の許可申請書を作ってもらいます。今は使用計画を出さなければならないそうです。とりあえず大会のスケジュール+αで月1回ずつくらい分。1000発までいけるって話だったんですけど、警察に行ってみると最初は800発までとのこと。なのでちょこちょこっと数を修正して申請しました。申請にはまたまた2400円。

さて、そんなこんなで翌日には火薬の許可も出ていよいよ週末射撃大会です。すでに終わってますが、それはまた次回。

最後に義父に譲ってもらった銃です。ブローニングのシナジーというやつです。よく知らないのですが、ミロクという日本随一のメーカーがアメリカ向けに作ったものだそうですよ。よくよく聞くと、まだ50発くらいしか撃ってないそう。ということはほぼ新品です。感謝感謝!