2010/04/26

ブルーマンのリハーサルイベントに行ってきた

昨日は、4/29から復活するブルーマン東京公演のリハーサルイベントに当たったので六本木まで行ってきました。

DSC_0022DSC_3

6時に受付開始ちょうどくらいにあわせて行ったものの、すでに長蛇の列。そういえば、今回劇場の名前が「インボイス劇場」から「ブルーマンシアター」に変わってました。木下工務店もスポンサーじゃなくなったみたいだし、ブルーマングループ自体が本腰で常設に動いたのかなとポジティブに考えることに。^^

ちょっと出遅れたのでさすがにポンチョ席は確保できなかったものの、9列19,20を確保。個人的には7~10列くらいの真ん中あたりが一番全体が見やすくていいなと思うので結果的にはいい席が確保できました。

中に入ってしばらくはステージの調整が終わらなくてロビーで待たされる。グッズ売り場は内容がすでに新しくなっていて、新しいデザインのTシャツが山積みになってました。

予定よりだいぶ遅れて開場し、中に入ったあと、さらにしばらく待たされたあと、まずはブルーマンの創設者の一人マット・ゴールドマンが登場してのトークショー。東京公演は千秋楽後に再演が全く決まってない状態だったけど、パフォーマーやバンドのメンバーは東京公演が決まったら必ず戻れることを条件に別の仕事のオファーを受けてたとか、日本の文化の中で、初対面で何かを贈り物したりすることが印象的だったとか、今回のショーはそういう面も含めて新しくなってるとか、そして今回の新しい内容は世界で始めてここでお披露目するんだとか、そんな話をしてくれました。

そんなトークショーが小1時間ほどあったあと、ようやく待ちに待ったショーが始まりました。

が、まぁ、まだオープン前ですし、ネタバレはあまりよくないので、詳しいことはぜひ東京公演を見てみてください。基本的な部分は今まで通りだけど、新ネタも含めて、細かい演出が変わっているところが随所に見られました。パワーアップしてる感は間違いなくあります。あと、ブルーマン meets フレーミングリップスという感じの部分も。フレーミングリップスの最近のライブを見たことある人にはなんとなくわかるかも。今回のブルーマン見たあとにふと思ったんですけど、フレーミングリップスのライブとブルーマンのショーってなんだか通じてる部分があるなぁということ。どちらもお客さんを楽しませることに徹してて、いろんな仕掛けがあって、見てて飽きない。何度見ても楽しい。

本講演まであと3日。前回の公演を見た方もぜひぜひ行ってみるといいですよ。

さ、そんなこんなで終わった後にトイレ前の通路でアンケート用紙に記入してるといつのまにかブルーマンが後ろにいてペタっと。。。

DSC_0024DSC_0025DSC_0026DSC_0027

んで、写真はあきらめて帰ろうとしてたら、ブルーマンが突然現れ、エレベーターで下まで降りてきました。人があんまりいなかったのでラッキー。何枚か最後にパチリ。(写ってるのは私じゃないです。)



0 件のコメント:

コメントを投稿