2011/02/04

世界は危険で面白い / 渡部陽一

ホントは市橋達也の本を買いに行ったんですけどね。町田康でも良かったんですけどね。なかったので渡部陽一さんの本を買って読んでみました。

この手の本を読むたびに危険な世界にちょっと足を踏み入れてみたい感覚に陥るんですよね。いや、チキンなんで絶対やんないですけど。でも、すごいね、この方。何度も死にかけてますね。最初テレビで見かけたときはまたイロモノが出てきたのかと思ってたんですが、だんだん好きになってきました、この人。なんというか、目がきれいなんですよ。純粋に世界で起こってることを伝えたいんだなって、そう思います。

ちなみにこの本はテレビでブレーク前に書いてるんですね。ホントすごい人です。尊敬します。



0 件のコメント:

コメントを投稿