2014/03/30

クレー射撃の見学に行ってきた

今日は大雨の中、義父と一緒にクレー射撃を見学に行ってきました。許可を得る前に一度どんなものか見ておいた方がいいということで。須山クレー射撃場という、富士サファリパークのすぐそばです。

今日のは義父が入っている射友会(ってのがあるんですね。猟友会は知ってたけど。)の大会。定期的に開いてるようです。想像していたとおり、義父を始めとして大半が年配の方。おそらくほぼ60代以上ですね。一番若そうな人に声かけて話してみたんですけど、49歳でお父さんが猟銃を持っていて、亡くなった時に警察に連絡したら「許可とりますか?廃棄しますか?」と聞かれてそのまま許可取ることにしたそうです。その人は5年目って言ってました。ってことは今の私と同じくらいで始めたんですね。

さて、初めて生で見たクレー射撃。ちょうどトイレに行った時に始まったんで、いきなり爆音が聞こえてびっくりしました。あとで大分慣れましたが、想像以上に大きな音ですね。耳栓持ってこなかったことを少し後悔。まぁ、後ろで見てる分にはマイブラの轟音と同程度でしたけど。

みなさんがやってたのはトラップという競技。クレーが下から左右真ん中に出て行くのを打つやつですね。まぁ地元の仲間内みたいな団体のようなので、うまい人は数人で大半の人は25枚中15〜20枚位ですね。公式よりはだいぶ遅いということですけどそれでも素人目には当たるもんなのかなぁとちょっと不安になりました。

しかし、今日は途中から台風並みの暴風雨になって大変そうでした。射場は屋根があるんですけどそれでも風が強くてびしょびしょになってましたね。まぁこんなことはめったにないとは言ってましたけど。

18人で4ラウンドくらいやって(公式戦だと4ラウンド100発らしいですけど、仲間内なので良いスコアの2Rで計算するので途中で辞めてる人もいました)、5時間くらいかな。8時から13時位までやってました。

初めて見たクレー射撃、ますます始めるのが楽しみになってきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿