2009/04/10

1日目(2) Newberry Springs - Mohave Valley - Golden Valley – Flagstaff

Bagdad Cafeでひととおり写真を撮った後はI-40をまたひたすら東へ進む。。。さすがに疲れてきた。だんだん睡魔が。。。

っと、どんっ。どんっ。

フロントガラスに黄色い汚物が…ああ、トリの糞。。。汚ね~な。。。

なんて思ってると、その数が尋常じゃない。瞬く間にフロントガラスは真っ黄っ黄。この辺はトリのふんが多いなぁなんて嫁さんと話していたが、どうもこれ、トリのふんどころの騒ぎではない。ワイパーで拭けばきれいになるどころか逆に見える範囲が狭くなってくる。困った。。

実はこれ、トリのふんじゃなくて、蛾(蝶?)だった。路面あたりにとまっていたのが、車が来るので飛び立つが間に合わず。敢え無く無残に車にべちゃっ。。。気持ち悪い。

2009-03-29 07-21-242009-03-29 07-21-24

しばらくしてコロラド川を超えるとようやくアリゾナ。アリゾナ州はサマータイムがない。なので、カリフォルニアとタイムゾーンは違うが同じ時間。ここら辺がややこしや。そしてNeedlesという町に到着しまたまた給油。ここからはI-40を離れ、AZ-95を北へ。 ホントはI-40を行くのが早いのだけれども、ここは今回の一つのテーマ、アースマラソンを走っている寛平ちゃんを応援しに行こうという企画。企画か?ともかく、せっかく近くを走るのなら、その雄姿を見てみたい。なので日本にいる時からずっとアースマラソン公式ページで走っている位置を毎日確認。今日は間違いなくこのAZ-95の先のAZ-68を走っているはず。。。しかし時間が。。。もう夕方だしゴールしてるかも。。。そんな感じでちょっと淡い期待を寄せてAZ-95をひた走る。

このAZ-95。Mohave Valleyというところを通るんだけど、実はこのあたりはネイティブアメリカンの居留地。最近のネイティブアメリカンの居留地は必ずと言っていいほどカジノが並ぶ。いわゆるLas Vegasみたいな大きなカジノではなく、地道な地方のパチンコ屋さんのようなカジノ。なので、すぐにネイティブアメリカンの居留地なんだなとわかる。

しばらく行くとAZ-68へ入る前に寛平ちゃんが今日泊まってるであろうBullhead City~Laughlinあたりに到着。このあたりは結構大きなカジノホテルが並んでる。儲かっているんだろうなぁ。でも、Las Vegasも近いし、わざわざこのあたりに来るのかな?なんて思いながらようやくAZ-68へ突入。

20090328155350(1)20090328155350(2)

AZ-68に入り、再び進路は東へ。このあたりは結構な勾配。寛平ちゃん、こんなところ走ってるんだ~、大変だなぁと思いつつ、路肩をずっと注視。いるかなぁ~、ゴールしちゃったかなぁ~なんて不安に駆られながら、あっというまにAZ-68は終了。。。このあたりにいるのは間違いなく、いれば間違いなく見えるはずなんだけど見つからないってことはやっぱりゴールしちゃったんだぁ。。残念。。。

そしてUS-93からKingmanの街中へ。せっかくここまできたので、すぐにI-40には戻らず、久しぶりのKingmanの街並みを走ってみる。寛平ちゃんを見るの、結構楽しみにしていただけにガックリ。。。っと、しばらく行った丘の上のモーテルの駐車場にアースマラソンカー(勝手に命名)発見!急遽ちょっとだけモーテルの駐車場に入ってみる。おー、間違いなく寛平ちゃんのアースマラソンのロゴが貼ってある。へ~、ここに泊まるんだぁ~なんて思ってるとフロントあたりでスタッフらしき人がうろうろ・・・

ここで満足して帰ろうとしたんだけど、嫁がせっかく来たんだし、会ってくれば?なんてことを言う。まぁ、確かに。。。でも、なんか恥ずかしいし、いるか分からないし。。。でも、せっかくここまで来たんだし。。。とりあえず駐車場に車を止め、子供は爆睡中なので私だけフロント付近に行ってみる。中に人がいそうだったので、ドアを開けると、そこにスタッフらしき人が。。。「あのぉ~、寛平さんのぉ・・・」と言うや否や、「すみません、いまゴールしたばかりで相当お疲れなので。。ちょっと待っていただけますか?」とスタッフの人。そもそも芸能人とかになれてない私。すぐに「あ~、タイミング悪すぎ。迷惑だったな。。自己嫌悪・・・」と思いつつも、せっかく車を停めて出てきたんだし、一目くらいは見たい。で、入口付近で待つこと5分。やっと人が出てきた。さっきのスタッフらしき人もいるが、こちらにはまったく気付かず。。。orz

あ、寛平ちゃんもいる。確かにかなり疲れてる様子。が、ワゴンの方へスルーして行ってしまいそう。。。「あ、あのぉ~」寛平ちゃんこっちを見る。「あのぉ~、一言だけ言いたかったんで。。。頑張ってください。。。」寛平ちゃん「わざわざありがとうなぁ」

自分のあまりの人見知り加減、引っ込み思案、度胸のなさに自己嫌悪。いや、ここまで探しに来てるんだから、行動力は意外にあるんだけどな。笑 なにせ詰めが。。。でも、寛平ちゃん、短い言葉にもすごく優しさが伝わってきました。ホントにゴールしたてで疲れてたのにね。こんなわけのわからん男が行っても嫌な顔一つせずに。あとからブログで見たんだけど、このあたりの山越えでホントにそうとうお疲れだった様子。&次の日、イベント RUN WITH KANPEIもあったので、タイミング悪かったんだなぁ。でもお昼ごろには走ってる最中に何組か応援に来たみたいで一緒に写真撮ってもらってたみたい。。ちょっとタイミング悪かったな、やっぱし。。

http://www.earth-marathon.com/2009/03/29/

ま、本来、Flagstaffまで初日に行くだけでもかなり強行スケジュール。なのに寛平ちゃんを見ることができただけでもラッキーか。なんて思いつつ、目的は達成し、時間は予定よりも若干遅れ気味。余裕があればRoute 66を走ってからI-40に入ろうかなんて思ってたけど、子供達も相変わらず爆睡中だし、FlagstaffまでI-40で直行することに。

途中、Williams付近で森が増えてきた。Flagstaffが近づいてくるとだんだん周りに残雪がちらほら。やっぱり標高高いからなぁ。。帰国後、アースマラソンのHPを見たら、寛平ちゃんがこのあたりを走った時には吹雪になってたそうな。。やっぱり4月でも山は侮れない。。。というのをこのあとホントに実感することになろうとは。。。

20090410040824



0 件のコメント:

コメントを投稿