2010/11/14

Apple TVは楽しいかも

発売されたばかりのApple TV。特に何がしたいというわけでもなかったんだけど、なんとなく買ってしまいました。なにせ8800円。飲み会2回分。なにか楽しいことが待ってるかなと。

で、昨日届いたわけです。なにやらアップルストアのシステムの調子が悪いらしく、発送してないだの発送しただのいろいろだったのですが、昨日買い物行ってる間に。

RIMG0002RIMG0001

で、息子が受け取ってくれてたんですが、妙に小さな小包ですね。左が箱と、右がiPod touchと一緒に写した物。いやぁ、ほんとに小さい。

さっそくつなげていろいろやってみました。

まずは起動して言語を選ぶ。リモコンでポチポチポチといろいろ映画を見てみる。まぁ、今は見たい映画はないのでここまで。

次に上映中ってのはなんだろうと見てみる。どうもアメリカの映画の予告編がずらっと並んでいるらしい。目に入った「Jackass 3D」。実はこないだサンフランシスコに出張に行った時も時間があれば見たいなぁと思ってた。なので、ちょっとだけ見てみることに。なんとも、うちのApple TV初の映像は「Jackass 3D」の予告編になったのでした。映像は思ってたよりキレイ。すばらしい。続いて、この前出張に行ってたときにやたらポスターの貼ってあった「Alpha & Omega」とか「怪盗グルーの月泥棒」(もちろん英語版)とかの予告編を子供たちに見せる。意外とアメリカの予告編をこうやって見れるっていうのは楽しいかも。

次にYouTube。これも娘の好きなKARAとか少女時代とかを見せてみる。やっぱりソースがSDだとちょっと見づらいが、これもYouTubeが大画面で見れるのは楽しい。

そしてYouTubeで続けて前に見たことのあったKidrobotのMongersのアニメとか、グルーミーベアのやつとかを見てみる。正直、PCやiPadとかではそんなにYouTubeって見ようとは思わなかったけど、こうしてリビングのテレビで見れるっていうのはなんだか楽しいなぁと思った。

で、見るものもなくなってきたので、子供が見たいと言ったやわらか戦車を見せてあげる。まぁ、これも久々に見たけど、大画面で見るってのはやっぱりちょっと違うね。

そんなこんなでApple TVの初日はこんな感じ。今度は映画を見てみたい。

で、感想としては、楽しいかもというのがまず第一。こんなにライトな感覚でYouTubeとか見れるってのは面白いかもしれないし、映画を観るのもずいぶん楽そう。個人的にはツタヤに行かなくてすむかなぁと思って買ったところもあるので、そこら辺に期待。

あとは、リモコン。付属のリモコンもいいんだけど、iPod touchやiPadのREMOTEアプリがいい感じ。使いやすい。フリックでメニューを選んでいくっていう感じがなんとも新鮮というか、iPhone、iPad、Androidなんかが珍しくなくなってきた今、一番直感的なリモコン操作なのかもと思った。ぜひ家電一般に広まってほしい。今までは、ソニーのXMBがお気に入りだったけど、それよりもいいかもなと思いました。そういう意味では、先週、サンフランシスコに出張したときにGoogle TVも店頭で触ってきたんだけど、これはリモコンがすごく使いづらかった。あちらはTVがメインなので、Apple TVとは使うシチュエーションが異なるって意味では比較にならないけど、使い勝手では圧倒的にApple TVの勝ちだなって思った。

あと、個人的にはやっぱりDLNAがないのは惜しいところだなぁと。。。HPのMediaSmart Serverを買ったばかりで、撮りためたビデオなんかをDLNAライブラリとして管理し始めたばかりなのでやっぱり残念。まぁ、AppleずっぽりであればiTunesで全部管理ってのもありなんだろうけど、どうなんだろうなぁ。。あと、iTunesを起動してなきゃそういうことができないというのもちょっとだけ難点。ホームサーバーもMacにすべきなのか?WHSのプラグインとかでなんとかなるようになればそれはそれでありなんだろうけど、ちょっと残念なところではあるなぁ。

何にせよ、8800円という値段でこれならちょっとしたおもちゃ以上の価値はあるのでぜひ買って遊んでみると面白いですよと思った次第でした。



0 件のコメント:

コメントを投稿