2008/10/27

Versus at O-nest

いやー、まさかVersusのライブが日本で見られるとは思わなかった。

昨日はNYから帰ったばかりの老体に鞭打って、Versusのライブに行ってきました。ま、ヘッドライナーは+/-なんですけどね。ホントは24日にあったVersusのヘッドライナーライブに行きたかったんだけどなぁ。帰国日じゃさすがに。。。^^;

日本じゃあんまりライブって行ってないので渋谷のO-nestは今回が初めて。O-Westの上、6階がバーで5階がライブスペースになってるんだけど、ここ、かなり狭くていい感じ。低いステージのすぐ前に陣取る感じはボストンでライブに行ってた頃を思い出す。

オープニングはYOMOYAというバンド。正直体がだいぶ疲れてたのでさっさとVersus見て帰りたかったんだけど、このバンドも結構よかったです。ただ、演奏はいいんだけど、なんだかカッコいいんだよなぁ。う~ん、この「カッコいい」ってのがまた微妙なわけで。演奏はカッコいいんですけどね。なんか、カッコいいオーラが出てるっつーか、なんていうかなぁ。こういうバンドにそこは求めてないなぁって個人的には思うわけで。なんだか垢ぬけてるのが仇になってるってのが個人的な感想です。いや、曲はホントにかっこよかったですよ。

で、Versus。YOMOYAが終わって、するすると最前列に。最前列でライブ見るのなんて何年振りだろう。RichardとPatが出てきてセッティング。周りで、「本人がセッティングやるんだぁ~?」なんて言ってた。日本じゃやらないもんねぇ。お客様だし。でも、本国じゃバリバリやってるしね。Yo La TengoのIraがファンの頭乗り越えてTシャツ売りに来たり。人気絶頂の頃のジョンスぺだってアルミテープでエフェクター固定してた。あ~懐かしいなぁ。なんてノスタルジーに浸りながら待つ。

FontaineとJamesも出てくる。Fontaine、ずいぶん太ったな。めっきりおばさん体系だ。Richardも太鼓腹が輪をかけて。それに比べるとJamesやPatは変わらないなぁ。なんて思ってるうちにライブは始まる。24日のセットとはまるっきり違ってたという10曲弱。久しぶりに聴いた轟音ノイズの中で哀愁のある至極メロディ。いいなぁ。やっぱりVersus変わってないや。最近あんまり聴いてなかったから曲名とか忘れたけど、終始鳥肌立ちっぱなし。確かラストはDouble Suicide。Secret Swingersからの曲。ノイズすごかったなぁ。

セットリストが目の前だったのでなんとなく覚えてたけど、B-9って曲、知らないなぁって思ってたけどThe Stars Are Insaneの曲なのね。まんべんなくやってたんだなぁ。

今後もぜひ活動続けてほしい。新曲出してほしいなぁ。



0 件のコメント:

コメントを投稿