2008/07/07

女はかくもままならぬ / 中村うさぎ

嫁が買ってた中村うさぎのエッセイ。読む本がなくて読んでみたら意外に面白かった。

そもそも中村うさぎなどオッサンが読む本ではなかろうと思ってたんだけど、前にSPA!で連載してた依存症のエッセイとか、Hon-ninで連載してる優花ひらりのやつとか、結構好きなのだが、なんとなくまとめて本を読むことはなかった。

読んでみて、この人はなんとも「女」を堪能してる人であるなぁというのが第一印象。美に対する異常なまでの執着はすごい。整形しまくりだしね。でも、この人整形する前も結構かわいい顔してたと思うんだけど。彼女いわく、かわいいは誉め言葉じゃないみたいだしね。^^;

中身は3部構成になってて、1章目が一番面白かった。女の人の精神分析みたいなのをつらつらと書き綴っているところ。2章目はめっきり美容整形のことなので、オッサンにはついていけない。。。ただ、いろんなことがあるのねってわかったのは面白かった。3章目は映画のこととかいろいろ。2章目よりは面白かった。

全体的にやはり頭のキレる人だなぁと思った。で、マジメ。何にでも真摯に向き合ってる感じがする。自分の興味のあることに対する行動力とかね。見習いたいところはたくさん。

ちなみにどん兵衛はウマイです。



0 件のコメント:

コメントを投稿