2007/06/12

8日目(4) カールスバッド洞穴群国立公園(コウモリ飛翔)

さて、ここでのメインイベントだったコウモリです。来たからにはぜひ見てみたかった。

19時15分からレンジャーの人がコウモリについていろいろ解説。すぐに始まるのかと思ってただけにがっかり。結局飛び始めたのは20時10分過ぎ。1時間近くあーでもないこーでもないとしゃべってました。ちょっと待たされ過ぎたのもあって思ったほどは感動しなかった。コウモリ自体がかなり小さい(手のひら大)ため、空を覆い尽くす感じかと思ってたのが、よく川とかの水の上に、虫が渦を巻いてるそんな感じ。しかも10分くらいたって雨がポツリポツリと降り始めたので退散。

でも、考えてみるとあれだけのコウモリが洞窟から飛び立ってるところ見る機会はないし、いい経験はしたんだと思います。期待しすぎだったみたい。

ちなみに、カメラ、ビデオカメラ、携帯等、コウモリの超音波を乱す可能性があるものはすべて使用禁止です。なので画像はありません。あしからず。

あと、レンジャーさんのお話の中で一番びっくりしたのは、コウモリのママさんは子供を自分の半分の体重で産むんだそうです。人間で考えると11歳の子供を産むのと同じだと。世のママさん、想像してみてくださいな。



0 件のコメント:

コメントを投稿