2008/05/11

フォトグラフール

町田康が写真について妄想を語る1冊。

写真について、妄想チックな物語を作って語っていくんだけど、すごく面白い。この手のって、みうらじゅんとかダウンタウンのマッちゃんがイベントとかでやってたと思うんだけど、これのすごいのは写真をオチに使ってるところ。写真を見て、そこから妄想を広げるんじゃなくて、写真が妄想の末にこういうことなのよって感じで語られてるのがすごい。つくづく頭のいい人だな、町田康って。

自分も妄想族になりたいので、どっかに内緒のブログでも作って同じようなことしてみようかとも思ったが、続ける自信がないので始める前から断念。嗚呼無念。



0 件のコメント:

コメントを投稿